ビタミンC誘導体

ニキビ跡

ニキビ跡に効く3種類のビタミンC誘導体…目的別おすすめ化粧品

更新日:

ビタミンCは美容皮膚科でニキビ跡の治療にも使われている成分です。ビタミンCを配合した化粧品を活用すれば、気になるニキビ跡をスキンケアで改善できるかもしれません。

化粧品に含まれるビタミンCにはいくつか種類があります。ここでは、ビタミンCの種類と、目的に合わせた化粧品の選び方について見てみましょう 。

ビタミンCと化粧品に含まれるビタミンC誘導体の違い

美白効果やコラーゲンの生成を助ける効果、炎症を鎮める効果などがあり、多くの化粧品に配合されているビタミンC。

ビタミンCには多くの種類があり、化粧品に配合されるものはビタミンC誘導体と呼ばれます。「誘導体」って何なんでしょうか?

ビタミンCは水溶性なので水に溶けます。しかし、水に溶けてしばらくすると性質が変化して、もともと持っている美容効果もなくなってしまいます。ビタミンCが不安定だと言われるのはこのためです。

では、ビタミンCはそのままの状態だと、どれくらいの期間で使えなくなってしまうのでしょうか。弱酸性、37℃に維持した水にビタミンCを溶かして放置する実験が行われました。

その結果、

  • 1カ月後…90%以下に減少
  • 3カ月後…60%以下に減少

となりました。

ビタミンCは不安定で分解しやすいとはいっても、ある程度の期間は維持されることが分かります。ただし、化粧品に配合するには、工場で生産された後、流通を経てユーザーの手に届くまでには数カ月かかることもあります。また、購入した化粧品をすぐに使い切らなければならないのでは不便です。

そこで、ビタミンCを長期間の保存に適した形に加工する技術が発展しました。このように加工されたビタミンCがビタミンC誘導体です。加工の仕方には何通りもあるので、その方法の数だけビタミンC誘導体の種類があるというわけです。

ニキビ跡に効く水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCは水溶性です。このもともとの性質を維持したまま分解しにくくする方法が、アスコルビル酸(ビタミンC)にをくっつけるというやり方。

バリエーションとして、アスコルビル酸にリン酸とナトリウムを結合させたビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルNa」は、水溶性の性質をさらに高めており、水主体の化粧水に取り入れやすくなっています。

さらに、アスコルビル酸にリン酸とマグネシウムを結合させたビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」があります。マグネシウムは肌に浸透しやすいため、このタイプは角層の奥まで浸透し、長時間肌にとどまって持続的に効果を発揮するといわれています。

こうした水溶性ビタミンC誘導体は一般に即効性が高く、また安全性も確認されています。ただ、次に紹介する油溶性と比較すると肌への刺激はやや強めです。

イオン導入で効果が高まるCマックスローション

水溶性ビタミンC誘導体ならコレ!



>>ニキビ跡を徹底ケア【 C-マックスローション 】

 

Cマックスローションは、美容皮膚科やエステサロンでも使われる高品質のビタミンC誘導体を6%の高濃度で配合した化粧水。べたつかないのでイオン導入にも適しており、即効性が高いとされる水溶性ビタミンC誘導体です。水溶性の中では肌に優しめのリン酸アスコルビルMgなのも好印象。

イオン導入をすることで、通常は難しいとされる真皮層にもアプローチ。凸凹肌の原因となる、ダメージを受けたコラーゲンに働きかけ、再生のサポートが期待できます。

【定期コースの内容】
・初回半額(通常価格8,000円4,000円
・送料無料
・2回目以降20%オフ
・4回目にイオン導入器プレゼント
・4回目に薬用アシィドローションEX 15mlプレゼント
20日間返金保証

定期コースを申し込むと4回目の継続時にイオン導入器のプレゼントがあるので、高価な美顔器をお持ちでない方でも自宅でイン導入が可能に。肌に合わなければ返金手続きができるので、安心してトライできますね。

20日間全額返金保証付き


お試しはコチラ

 

 

【関連記事】Cマックスローションの口コミと最安値情報

ニキビ跡に効く油溶性ビタミンC誘導体

化粧品の成分には水溶性のものもあれば油溶性のものもあります。例えば、化粧水は主に水でできているので水溶性の成分が適しています。油分を含む乳液、美容液、クリームなどは油溶性の成分を配合できます。

油溶性の成分の利点は肌に浸透しやすいこと。私たちの肌は天然の保湿成分である皮脂によって守られています。水系の成分はこの皮脂に邪魔されてなかなか浸透できません。

オリーブ油などがそうであるように、油系の成分は皮脂となじみがよく、邪魔されることなく肌奥に浸透していきます。オイルの一種であるパルミチン酸でビタミンCを取り囲んだものがVC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)。もともとは水溶性であるビタミンCに油溶性の性質を与え、肌に浸透しやすくしています。

そして、この成分の優れいている点は肌への刺激が非常に小さいこと。43名の被験者を対象に成分を薄めずに行ったパッチテストでは、肌への刺激をうったえる人はいなかったそうです。

油溶性のビタミンC誘導体「VC-IP」は、肌を刺激することなく、ジワジワと浸透して長時間効果を発揮しつづけます。

持続的にニキビ跡をケアするVCリッチセラム

油溶性ビタミンC誘導体ならコレ!



>>【 VCリッチセラム 】新型ビタミンC美容液

 

VCリッチセラムは、素早く浸透するタイプと、じわじわ浸透するタイプの2種類のビタミンC誘導体を配合した美容液。これまでのスキンケアを大きく変えずに、美容液を付け足すだけでビタミンCによるニキビ、ニキビ跡ケアができます。

肌に優しいのが特長の油溶性のビタミンC誘導体なので、これまでビタミンCで肌への刺激を感じた人でもこちらなら試せるかもしれませんね。肌の中で長時間効力を発揮しつづけ、その持続時間は48時間とも言われています。

【定期コースの内容】
・初回半額(通常価格4,500円2,250円
・送料無料
・2回目以降20%オフ
・4回目にCマックスローション15mlプレゼント
・4回目にシートマスクプレゼント
20日間返金保証

ビタミンCの性質である美白効果や炎症を鎮める効果がじっくりと働き続け、気になるニキビ跡にアプローチしてくれます。肌に合わなければ返金手続きができるので、安心してトライできます。

 

20日間全額返金保証付き


お試しはコチラ

 

 

【関連記事】VCリッチセラムの口コミと最安値情報

水溶性と油溶性の良いとこ取り?新型ビタミンC誘導体

APPS(アプレシエ)は新型ビタミンC誘導体とも呼ばれ、現在最も新しいタイプのビタミンC誘導体です。

肌に優しくジワジワと浸透するところは油溶性ビタミンC誘導体と似ています。それに加えて、APPS(アプレシエ)の大きな特徴は肌に塗るだけでも真皮層まで浸透することです。

つまり、APPS(アプレシエ)であれば、イオン導入を行わなくてもコラーゲンの再生をサポートしてくれると考えられます。比較的新しい成分ですが、クレーターニキビ跡対策やハリを失ってしまった年齢肌対策として期待が寄せらえてます。

肌のハリ対策にアスタリフトの先行美容液

APPS(アプレシエ)ならコレ!



>>アスタリフト ジェリーアクアリスタ

 

松田聖子さんのCMでもおなじみのアスタリフトにはAPPSが配合されています。

アスタリフトといえばエイジングケア用のアイテム。そして、エイジングケアにとって、年齢による肌のたるみ対策は最も重視したいポイントといえるでしょう。

上で紹介した2つとの違いは、ニキビやニキビ跡対策用の化粧品ではないこと。それよりも、肌のハリに特化したアイテムといえます。

アスタリフトで一番注目度が高いのは、スキンケアの一番最初に使うジェリー状の先行美容液です。プルンとした真っ赤なジェリーが特長で、形が崩れても数秒で復元するという不思議な性質を備えています。

ジェリーの復元力は肌の上でも健在で、物理的に肌をピンと張った状態を保ってくれます。

また先行美容液にはブースターとしての働きがあり、化粧水の前に使うことで、その後のスキンケアの浸透力を高めてくれます。今までのスキンケアを変えずに、先行美容液を付け足すだけ、といった使い方も可能です。

成分としてはAPPS以外にも、加齢によって失われやすい2種類のセラミドや、高い抗酸化力を持つアスタキサンチン、リコピンなどの赤色成分を配合しています。保湿力が非常に高いため、乾燥からくる毛穴の広がりや肌のくすみ対策にぴったり。

ジェリー体感セット」には、そんな先行美容液が14包入っており、1日2回の使用で7日間使い続けられます。

こちらは定期コースではなく買い切り。そして、1,080円で送料無料と大変リーズナブルなので、手軽に試せるのがうれしいですね。

 

今だけ!化粧水プレゼントあり


お試しはコチラ

 

 

-ニキビ跡
-

Copyright© 今日から本気のニキビケア! , 2019 All Rights Reserved.