ニキビ跡

ニキビ跡の赤みを消す!VCリッチセラムの効果と口コミ

更新日:

ニキビが治ったと思ったら赤みが残ってなかなか消えない……。なんだか悔しいですよね。

『いつになったら消えるんだろう』
『本当は治ってないのかな?』
『もっとひどい跡にならないか心配…』

いろいろ考えて、不安になってきてしまいますよね。

でも、ほとんどの赤みは時間をかけて消えていくのだそうです。どれくらい時間がかかるか、また、きれいに消えるかどうかは体質によるのだとか。

ゆっくりゆっくり肌が修復されて3年かけて消えることも珍しくないといいます。消えてくれるのなら嬉しいのですが、こんなに待たされるのはちょっと嫌かも…。

ここでは、ビタミンCを配合したVCリッチセラムの効果に注目し、口コミ情報をチェック。あわせてニキビ跡で赤くなってしまう症状に、どのようにアプローチすれば良いのかをまとめています。

 

↓↓↓↓↓ここで取り上げるアイテム

【 VCリッチセラム 】新型ビタミンC美容液

ビタミンCにこだわった美容液「VCリッチセラム」

VCリッチセラムはニキビ対策のために開発された、ビタミンC誘導体を主成分とする美容液です。

特筆すべきは、

  1. 新型ビタミンC誘導体(GO-VC)
  2. 持続型ビタミンC誘導体(VC-IP)

という2種類の異なるビタミンC誘導体を配合しているところです。

新型ビタミンC誘導体(GO-VC)はニキビの原因であるアクネ菌にアプローチするオクタノールを配合。またニキビ予防には欠かせない保湿力を高めるグリセリンも配合しています。安定性が高く、ニキビ対策に非常に適したビタミンC誘導体です。

持続型ビタミンC誘導体(VC-IP)は角層への浸透が通常のビタミンCの約30倍に高められ、しかも肌の中で長時間持続する性質を持っています。コラーゲンの合成を助け、ニキビに限らず肌トラブルが起きにくい健やかな肌づくりに役立ちます。

このほか肌のうるおいや弾力に影響を与えるビタミンB(ナイアシンアミド)を配合し、トリプルビタミンの力で徹底的にニキビ跡にアプローチしてくれるのが「VCリッチセラム」なのです。

美容液として普段のスキンケアで化粧水の後に使います。手に取り顔全体になじませます。気になるところには重ね付けして成分を補ってもよいでしょう。手で軽く押し付けるようにすると浸透しやすくなります。

VCリッチセラムの口コミ情報

VCリッチセラムを実際に試してみたユーザーの反応を見てみましょう。

クチコミ
乳液のようなテクスチャーですぐに浸透します。炎症による赤みも治まってきました。

クチコミ
ニキビ跡への効果はこれからですが、塗った後に潤いが続くので良い感触。

クチコミ
炎症を起こしている場所に使っても刺激がないので継続できました。

クチコミ
ニキビ対策用とのことですが、使い始めてすぐ明らかに毛穴が小さくなりました!

クチコミ
ストレスで大人ニキビができるタイプなので、「今日は疲れた…」というときの必需品に。

クチコミ
ポンプ式の容器なので使用量を調節しやすくて助かります。細かいようですが、毎日のことなので大事。

ビタミンCには炎症を鎮める効果のほかに、美白効果や皮脂の分泌をコントロールする効果があります。リッチなビタミンC誘導体の働きで、毛穴の改善を早めに実感する人が多いようです。
まとめ役

VCリッチセラムのお買い得情報




⇒公式サイト

ニキビ跡の赤みを消すスキンケアに即効性はありません。継続的にビタミンCを肌に届けることで改善を期待できます。定期的な使用を想定すると、毎月自動で届けてくれる定期便の「お得で安心コース」がとても便利。割引幅も大きいのでコスパもばっちり!

「お得で安心コース」の特典

  • 初回50%オフ 4,500円→2,250円の割引
  • 肌に合わなければ使った後でも返金可(20日間全額返金保証)
  • 送料無料
  • 2回目以降も20%オフで継続可
  • 4回目に高濃度ビタミン化粧水「C-マックスローション」(15ml)プレゼント
  • 4回目に化粧水でパックができるシートマスクをプレゼント

※ニキビ跡への効果が感じられるまでには数カ月かかります。こちらの割引コースは、3回の継続が条件。ニキビ跡対策にじっくり取り組みたい人向けのコースです。

20日間全額返金保証があるので、肌に合わない場合、無駄な買い物をしたことにならない安心感も。

 

お得な定期コースはコチラ


見てみる

 

ビタミンCの効果を侮るなかれ

『ビタミンC』なんて耳にタコができるぐらい聞いているし、すごいものとは思えないのが正直なところ。

でも、ニキビに一番有効なのは、このビタミンCなんです。

もうちょっと特別感のある、聞いたこともない名前の成分の方がありがたみはありますが、これが真実です。

珍しくて、みんなが持っていない稀なものほど価値があると思ってしまうのは、手に入りにくいものほど高価とされる消費経済に毒されているからなのでしょうか。自然界においては稀なものほど有益という法則はありません。

古代ギリシャの偉い哲学者さんは、『有用なものほど手に入りやすい。だから心配はいらない』という感じのことを言ったそうです(エピクロスだったかな?)。神さまは人間にとって本当に大切なものは、身近なところに、たっぷりと用意してくれている。

たとえば「水」。これがなければ死んでしまうほど生命にとっては重要。でも手に入りやすいですよね。日本なら水道の蛇口をひねればタダで出てきます。ものすごく有益なのにありきたりって、自然界ではよくあること。

ニキビケアにおいては、ビタミンCがまさにそれ。手に入りやすいけれど、侮らず、ありがたく使わせていただかねば。

ニキビ跡に美白化粧品は効果がない?

ニキビ跡を一種のシミやくすみととらえ、美白化粧品を使って改善することはできるのでしょうか。

これについては、美白化粧品に含まれる成分によります。多くの美白化粧品はメラニンの生成を抑えたり、メラニンの排出を促すことで美白効果が期待できるように作られています。

ニキビ跡の中でも、例えばニキビ跡が日焼けしてメラニン色素が沈着しシミのようになっているタイプであれば、メラニン色素にアプローチする美白化粧品の効果が期待できるでしょう。

しかし、今ここで扱っているのは赤みを帯びたニキビ跡でした。この赤いニキビ跡はメラニンの働きによってできたものではありません。そのためメラニンにアプローチする美白化粧品によって赤みが消えることはないでしょう。

一方、美白化粧品の中には、メラニンにアプローチするだけでなく、皮膚の炎症を抑えたり、肌の修復を促したりもできるビタミンC誘導体やトラネキサム酸を配合したものがあります。このような美白化粧品ならば赤みを軽減してくれる可能性があります。

ただし美白化粧品はニキビ跡対策のために作られたわけではないので、ニキビ跡の赤みを消す目的でビタミンC誘導体やトラネキサム酸を目当てで導入するには目的と少しずれてしまいます。また美白化粧品は一般に高価なものが多いので、むしろ高くついてしまいますよね。

ニキビ跡の赤みを消すには、その目的で作られた化粧品、とくにビタミンC誘導体を主成分とする化粧品を導入する方が高い効果が期待でき、コストパフォーマンスにも優れています。

ビタミンCとビタミンC誘導体の効果の違いは?

ところでビタミンC誘導体という言葉がよく使われますが、これはなんでしょうか。ビタミンCとどう違うのでしょうか。

実は、ビタミンCはそのままの形では肌に浸透せず、また空気にふれるとすぐに壊れてしまいます。ビタミンC誘導体は肌に浸透するのを助けるために特殊な加工をされたビタミンCのことです。

ビタミンC誘導体は加工の仕方によって性質が変わってきます。その品質は日進月歩で向上しているので、ひとことでビタミンC誘導体といっても古いタイプでそこそこの性能のものもあれば、新たに開発され、浸透力や持続力に優れていたり、プラスアルファの効果を発揮するものもあります。

ニキビ跡対策のために化粧品を選ぶなら、ビタミンC誘導体が含まれていることはもちろんのこと、それがどの程度の性能を持ったビタミンC誘導体なのかをチェックしておくのが賢明でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。せっかくニキビが治ったと思ったら赤みが残る……そんなときは悲しい気持ちになってしまいます。でも一説によると赤みというのは肌を健やかに蘇らせるために修復が行われているサインなのだとか。

重症度については一概には言えませんが、例えばシミとして残ったり、クレーターと呼ばれる凸凹の肌になったりするのに比べると軽度のはずです。赤みの段階であれば回復の見込みが期待できるといわれています。つまりコツコツとケアを続けるあなたの努力は報われるのです。

ここで見たように、ニキビ跡の赤みはメラニンが原因ではないので美白化粧品ではなく、ビタミンC誘導体が有効です。美容液の利点は基本のスキンケアを変えずに追加できること。いつもの化粧水の後にVCリッチセラムを足すだけなので簡単ですね。

 

⇒VCリッチセラム

 

 

-ニキビ跡
-, , ,

Copyright© 今日から本気のニキビケア! , 2019 All Rights Reserved.