Cマックスローション イオン導入

Cマックスローションのイオン導入はクレーターニキビ跡に効く?

投稿日:

ニキビ跡には、赤み、シミのようなもの、黒ずんでいるもの、そして、凸凹したものなど色々です。

その中でも消すのが難しいのが、肌がボコボコしてしまうクレーターと呼ばれるタイプのニキビ跡。一部分だけがクレーターのこともあれば、広い範囲がクレーターになることもあります。

クレーターニキビ跡は、美容皮膚科も選択肢に入ってきますが、ここではスキンケアでできる解決策を見ていきます。

取り上げるのは、Cマックスローション。ビタミンCを高濃度で配合し、イオン導入にも対応できるニキビ跡対策に特化した化粧水です。

クレーターニキビ跡を消すにはイオン導入が必要?

ビタミンCは皮膚科のニキビ治療にも使われるくらいニキビに効果的な成分です。

ビタミンCをただ皮膚に塗るだけではダメなのでしょうか。どうして、わざわざイオン導入をする必要があるのでしょう?

その大きな理由は浸透力の違いです。ビタミンCをただ肌に塗るだけの場合と、イオン導入をした場合では浸透力が数十倍も変わってきます。同じようなビタミンCを使ったとしても、浸透力が低い場合と高い場合では効き目が変わるのは当然ですよね。

ここからが本題になります。浸透力にどうしてこだわるのかというと、浸透しなければ全く効果が出ないニキビ跡があるからです。それが、ここでのテーマでもあるクレーターニキビ跡です。

クレーターニキビ跡ができる原因

クレーターニキビ跡はニキビがいったんは治ったものの、肌が凸凹になって跡が残ってしまうケースです。なぜ、このような跡ができるのかを知っておくと、効果のあるケアと効果のないケアを見分けられるようになります。

ニキビは毛穴の中でニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖して起こります。アクネ菌が繁殖すると毛穴に炎症が起き、赤くなったり、膿が出たりします。炎症が小さくて、すぐに治まる場合は問題ありませんが、酷い炎症が続いたときはクレーターニキビ跡が残ってしまうリスクが高まります。

毛穴の炎症は、毛穴の周りの肌にダメージを与えます。しかも、肌の表面近くの角層だけでなく、さらにその奥にある真皮層にもダメージは及びます。真皮層には肌のハリや弾力を支えているコラーゲンがあります。ニキビの炎症によってコラーゲンが傷つけられると、肌の奥の方で組織が凸凹になってしまいます。

実は、クレーターニキビ跡というのは肌表面に跡が残っているというより、肌の奥にできた凸凹が肌表面にまで現れてきている、という状態なのです。

イオン導入なしだとクレーターに効果がない?

ビタミンCに限らず、化粧品に配合されている成分のほとんどは肌の角層までしか浸透できません。

もちろんビタミンCは角層まで浸透するだけでも効果を発揮します。例えば、メラニン色素を還元して肌の黒ずみをキレイにしたり、皮脂の分泌を抑えて毛穴を目立ちにくくしたり、ターンオーバーを促してツルツルの肌を取り戻したり、といった効果などです。

しかし、クレーターニキビ跡に関しては、真皮層にあるコラーゲンのダメージが根本原因なので、角層を超えて真皮層まで浸透しなければ効果がありません。ビタミンCが真皮層まで浸透すれば、そこでコラーゲンの再生を促して肌の奥の凸凹にアプローチすることができます。

Cマックスローションのイオン導入はクレーターに効果的

CマックスローションはビタミンC誘導体を医療機関やエステサロンと同等もしくはそれ以上の6%配合しています。化粧水として使うだけでも毛穴やニキビをキレイにするのに役立ちますが、そのままでは残念ながら角層までしか浸透しません。

ニキビ跡の赤みや色素沈着、肌のザラザラ程度なら角層まで浸透すれば効果も出るでしょう。しかし、クレーターニキビ跡の改善を目指すならこれでは不十分。イオン導入によってビタミンC誘導体を真皮層まで送り届けて、はじめてコラーゲンの再生を促すことができます。

クレーターニキビ跡対策にCマックスローションを使う場合は、化粧水として肌に与えるだけでなく、イオン導入を併用するのが有効です。

なおイオン導入とは、専用の機械を使ってビタミンC誘導体に微弱な電流を流し、マイナスイオン同士が反発する力を利用して肌の奥まで浸透させる技術です。Cマックスローションに配合されているのは、イオン導入に最も適した水溶性ビタミンC誘導体なので、これを活用しない手はありません。

クレーターに効くのはどっち?Cマックスローションvs.APPS

先ほど、ビタミンC誘導体はそのままでは角層までしか浸透しないと言いましたが、例外もあります。

APPS(アプレシエ)というのをご存知でしょうか。新型ビタミンC誘導体とも呼ばれており、ビタミンC誘導体の中でも新しく登場し、注目を集めている成分です。

APPSの何がすごいのかというと、肌に塗るだけでも真皮層まで浸透するところです。つまり、そのままでもコラーゲンの再生をサポートして、肌の凸凹の改善が期待できるのです。

ここで疑問が生じます。「Cマックスローションよりも、APPSを選んだ方が良いのだろうか…」と。

これについては直接比較した研究がないので何とも言えませんが、ここでは確かそうに思えることを推測の範囲でお伝えします。

イオン導入ありorなしで選択肢も変わる

まず、クレーターニキビ跡の改善が目的で、イオン導入の予定がないのならAPPS(アプレシエ)の方が優れている可能性が高いです。なぜなら、Cマックスローションの水溶性ビタミンC誘導体はイオン導入なしでは真皮層に十分に届きませんが、APPS(アプレシエ)ならそれが可能だからです。

次に、同じくクレーターニキビ跡の改善が目的で、イオン導入を想定している場合です。こちらのケースではCマックスローションもAPPS(アプレシエ)も両方とも真皮層にアプローチできることになります。

それぞれのビタミンC誘導体の濃度を比較すると、Cマックスローションは6%の高濃度。一方、APPS(アプレシエ)だとせいぜい1~2%のことが多いようです。(直接比較した研究はないとはいえ)これだけ濃度が違えば効き目も変わってくると考えるのが自然でしょう。

ビタミンC誘導体の性質の違いと期待できる効果

なお、ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性、そして両者の中間の性質を持つAPPS(アプレシエ)に分類されます。

この中で、即効性と効き目の強さでは水溶性が優っています。油溶性は肌に優しいのが特徴。そして、APPS(アプレシエ)はその中間です。

Cマックスローションに配合されているのは水溶性ビタミンC誘導体です。この中では、肌への優しさよりも即効性や効き目を重視した攻めのスキンケアと言えるでしょう。人によっては肌に刺激を感じる可能性もあります。

こういったことを総合的に見て、クレーターニキビ跡対策でどちらを選べば良いかをまとめると次のようになります。

肌への優しさを重視し、イオン導入もしたくないという人にはAPPS(アプレシエ)。

イオン導入も取り入れて、即効性と効き目を優先したいという人にはCマックスローションが良いでしょう。

なお、Cマックスローションの刺激が強いような言い方をしましたが、それはあくまでも油溶性と比べた場合の話。Cマックスローションには水溶性の中で特に肌に優しく、高価な成分でもあるリン酸アスコルビルMgが使われているので安心です。

Cマックスローションを実際に使ってみた人たちの声を集めた、効果は本当?Cマックスローションのクチコミの記事もあります。よかったらチェックしてみてください。

気になるお値段は・・・

1

Cマックスローションを試してみたいのはやまやまだけど、結構いいお値段しますよね。 どこで買うのが一番お得なのでしょうか? ここでは、アマゾン、楽天、公式サイトでの価格を調査し、 1回購入時の価格 3カ ...

-Cマックスローション イオン導入
-, , , , , , ,

Copyright© 今日から本気のニキビケア! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.